Windowsでバックアップの失敗をメール通知する方法

Windowsでバックアップの失敗をメール通知する方法

バックアップの失敗を検知するには、画面で確認するか、イベントログを確認する必要があります。ただ、遠方のデータセンター内に設置されたシステムを毎日監視するのは現実的ではありません。

この記事では、WindowsServerバックアップで失敗したとき、メールで通知するよう設定する手順を解説します。

対象OS

WindowsServer2008 R2

メールで通知する方法(概要)

WindowsServerバックアップの場合、イベントログに成功と失敗それぞれのログが出力されるので、そのイベントIDの出力を契機にタスクスケジューラによってメール通知のジョブを起動させます。

メールで通知するための手順

バックアップの失敗はイベントログに出力されるので、タスクスケジューラを以下のように設定します。

【トリガー編集】

タスクの開始:イベント時

ログ: Microsoft-Windows-Backup/Operational

ソース: Backup

(成功ステータスを契機に起動したい時)
イベントID:14

(失敗ステータスを契機に起動したい時)
イベントID:49

【操作の編集】

操作:電子メールの送信

 または

操作:プログラムの開始
→日付付きファイルを出力し、万一タスクスケジューラが停止した場合、
いつから停止しているか判明させる。また、メール送信プログラムを起動。